中小企業における事業承継における課題

 

 ・ 創業してから初めて事業承継を迎える中小企業経営者が、

   少なくない。

 ・ 年間29万社の廃業のうち、

   約4分の1の7万件が後継者不在による廃業

 ・ 中小企業における経営者の高齢化も進んでいる。


まだ先の話と対策をしないで放置していると・

 ・ 相続を巡ってもめ事が起きる

 ・ 後継者が経営ノウハウを知らない
 ・ 取引先・従業員の信頼を得られない 

      

     などの問題が生じるかもしれません!


 

後継者育成に必要な期間・・

 

  ・ 経営力を引き継ぐための後継者育成の必要期間として、

    5~10年はかかると答えた経営者が

       54.2%にのぼっています。

 

   早めの準備が必要となります

事業承継とは・・

 

   現経営者から後継者に「企業がこれまで培ってきた様々な財産(ヒト・モノ・カネ))」を引き継ぐつぐこと

   特に知的資産(事業のDNA)をいかに引き継ぐかが、生き残るための大きなポイントです。

   経営者と後継者が共同で企業のDNAを棚卸する過程でも「事業承継」につながります。


企業の「強み」「弱み」、過去~現在~将来の価値創造のストーリー、事業承継計画、事業目標の数値化を

「事業価値を高める経営レポート」に書面化する。

後継者は把握した強み(知的資産)を活用し、弱みを補完した新たな知的資産の確立を行い、

自分の世代の起業色を出した業績向上につなげる。

CLS事務所

  (Companies Life Support)

YOKO行政書士事務所

     (登録番号:第13082171号)

  東京都葛飾区東立石1-23-1

  TEL・FAX:03-6321-7767

まずはご相談を!

 

取得・認定資格

 ・行政書士

   ・知的資産経営認定士

 ・システムアドミニストレータ

 ・宅地建物取引主任者

 ・運行管理者 

健康寿命を延ばすための

掲載を行っています!