御社の強みを「見える化」し、強い企業に !


決算書に現れない、会社の「強み」で業績アップ !

大きな成果を得られるのは、 「強み」を最大限に活用した時です。    

本当に「強み」を知るとは、その「強み」がなぜ生まれているのかを掘り下げることです。

 

「強み」の源泉は、各企業が個々に育ててきた目に見えない資産(知的資産)にあります。


知的資産とは・・


  企業等の競争力の源泉としての

  人材、技術・技能、ノウハウ、ブランド力、知的財産権、組織力、

  取引先とのネットワークなど


  財務諸表には表れてこない資産を総称して「知的資産」といいます。

 

  「物的資産」は形があり、財務諸表上に表れている

  有形資産や資本金をいいます。

 

  右の氷山の絵のように表に見えるのが「物的資産」

  海の中に隠れて見えないものが「知的資産」を表しています。


御社の強みの見える化(強みの再発見)

 

 自社の強みを把握していない経営者も少なくありません! 

      → 自社の企業の強みを気づいていない。

    → 自分が当たり前だと思っていることが、実は強みである。

     → 弱みであったことが、見方や方法を変えると強みになる。

会話の中から、企業の本質と向かうべき方向が見えてきます。

 

企業が継続していくための条件は・・


多くの経営者が、企業が生き残る条件として

「物的資産」よりも「知的資産」を上げています

 

知的資産の重要性が浮き彫りになっています!

 

~物的資産経営から

       知的資産経営の時代へ~

 

知的資産の分類・・


 

1.人的資産

    各個人に蓄積されたもの

 

2.構造資産

   組織として蓄積されたもの

 

3.関係資産

    社外との関係で蓄積されたもの

 

 

 

3つに分類して強みを探っていきます。

 

知的財産は特許権、商標権などの法令によって定められた権利です。これらも「目に見えない資産」です。

 

知的資産経営とは・・


知的資産を最大限に活用し、業績の向上に結び付ける経営です!

 

知的資産はそれぞれの企業が蓄積してきた、その企業特有の財産です。

その知的資産を上手に活用したり、組み合わせて新たな価値を創出したり、他社がマネできない経営を実現させることです。

 

現代は個々のニーズが多様化しているため、価値の感じ方も人それぞれです。

それを実現して、他社との差別化をいかに図るかが、企業の持続的発展のために必要です。

そのためには、まずはしっかり自社の「強み」把握をし、その源泉を探り、「見える化」することがスタートです。


知的資産経営のメリット・・

経営者の皆様は日々忙しく、立ち止まる時間もないため、考える時間もなかったかもしれません。

 

一度自社を再認識してはどうでしょうか?いろいろなことが見えてくるはずです!

自分では当たり前のことも、第三者から見たらすごいことかもしれません!

 

知的資産経営といっても難しく考えことではありません。

深く自社のことを見直し、より本質的な課題や自社の特性を知って、次のチャレンジをすることです。

  

知的資産経営のスタートは「お話をお聴きする」ことからです。

お忙しい経営者のために知的資産経営の「見える化」をお手伝いいたします


こんな課題に対応・・

1.社内の課題(内部マネジメント)  

  ・ 日々の業務に追われ、自社が目指していた方向性がズレてきている

  ・ 自社の強み、弱みが整理できていない。(経営戦略が整理できていない)

  ・  経営者と社員のベクトルがあっておらず、社員のモチベーションが上がらない

  ・ 技術の伝承や蓄積が属人化されてしまって、うまく継承できていない

 

2.社外関係者との課題(外部マネジメント)

   ・ すごい技術がありながら一般的な認知度が低いため、 人材獲得や金融機関との交渉がうまくいかない

  ・ 新規顧客や取引先の開拓に苦慮している。

 

3.事業承継の課題

   事業承継が目の前に迫っているにもかかわらず、何も着手されていない

 

 

知的資産の活用サイクル・・


 知的資産は企業の発展とともに常に蓄積されてきます。

 

 外部環境や内部環境の変化を考慮しながら、

 常に分析を行い、会社が進む方向をチェックしていく必要があります。

 

 

CLS事務所

  (Companies Life Support)

YOKO行政書士事務所

     (登録番号:第13082171号)

  東京都葛飾区東立石1-23-1

  TEL・FAX:03-6321-7767

まずはご相談を!

 

取得・認定資格

 ・行政書士

   ・知的資産経営認定士

 ・システムアドミニストレータ

 ・宅地建物取引主任者

 ・運行管理者 

健康寿命を延ばすための

掲載を行っています!